お気に入りに追加

落石シミュレーションソフト「Rocksys」 2.03

スポンサードリンク

「吉田らの手法」に基づき、斜面上を落下する落石運動の軌道予測と統計解析をおこなう数値シミュレーションソフトです。

落石シミュレーションソフト「Rocksys」
ソフト種類: Shareware
日付追加: 2010-03-22
対応OS: Windows Vista,Windows XP,Windows 2000,Windows 98,Windows Me,Windows NT
ファイルサイズ: 5.64MB
ソフト作者: CivilWorks

対応言語

落石シミュレーションソフト「Rocksys」 2.03】の開発者説明

Advertisement
本プログラムは、「落石対策便覧に関する参考資料」(H14.04、日本道路協会)の中で、質点系シミュレーション手法の一つとして紹介されている「吉田らの手法」に基づき、斜面上を落下する落石運動の軌道予測と統計解析をおこなう数値シミュレーションソフトです。
 なお、詳しい操作方法や計算理論等については、プログラム内のヘルプファイルもしくは、操作マニュアル「Rocksysmanual1.pdf」をご覧下さい。操作マニュアルは弊社ホームページよりダウンロード可能です。また、同じくホームページ上にて、動画による操作説明もご覧頂くことができます。

1)全落石運動の計算過程を詳細表示
本プログラムでは、すべり運動、転がり運動、衝突運動、飛行運動と様々に変化する落石運動の過程を、「内部計算表」によって詳細に確認することが可能です。
2)正規性検定による理論分布の判定機能
本プログラムでは、統計量に対し正規性検定を実施することで、正規分布と対数正規分布のうち、より近い確率密度関数に基づき信頼値を求めることが可能です。
3)跳躍量&エネルギー追跡グラフを表示
対象斜面内の跳躍量と落石エネルギーの変化をグラフ化。斜面のどこで跳躍量やエネルギーが小さいのかを把握することで、照査点設定をより合理的におこなえるようにしました。
4)多様な関係図と斜面特性グラフ
跳躍量と線速度(h-V図)、落下高と跳躍量 (H-h図)、落下高と線速度 (H-V図)、落下高とエネルギー (H-Q図)など、5種類の関係図と斜面特性グラフを表示。
5)多様な出力機能
軌跡図のDXF出力、地形データのファイル(csv)入出力が可能です。また、内部計算表及び分析データ一覧表をファイル出力(csv)することも可能です。

プログラム関連 落石シミュレーションソフト「Rocksys」

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com